地方裁量型 認定こども園おひさま 平成28年4月1日開園

二月四日付千葉県知事より『地方裁量型認定こども園おひさま』認定許可書を無事いただきました。
会員の皆様には大変ご心配をおかけしましたが、予定通り平成二十八年四月一日付開園となります。
私たちにとって長年の悲願。幼児教室発足より五十三年目にしてようやく、幼児教室の保育が公的に認められ、運営費補助として給付を受け安定的に保育を継続できることになりました。
平成十四年法人格取得から始まり、園舎建設、0歳児~2歳児の保育園開所、そしてついに認定こども園へ。この十四年間は、決して平坦ではなくたくさんの壁にぶつかり悩みながらの道のりでした。その度に理事、職員、保護者皆で話し合い、私たちにできる最善の道は何かを模索し、そして『子どもたちのための保育を貫くためにはどうしたら良いのか』に立ち返り、私たちの今できる精一杯の力を尽くしてまいりました。
到底私たちの力だけで成し遂げたのではなく、この十四年間にはほんとうに多くの方々のお力添えがあったからこそここまでたどりつけました。船橋市、千葉県の関係各所の皆様にはたくさんの時間を割いていただき、ご指導賜りました。心より御礼申し上げます。
先日、松戸徹市長と少しお話しする機会がありました。「ほんとうに良かった。地方裁量型認定こども園こそ幼児教室の良さが発揮できる。」と、とても喜んで下さいました。そして長年私たちを応援して下さっている方からも「これから新たなスタートとなります。船橋市の大いなる期待を預かる施設です。がんばって下さい。」と、とてもうれしいメッセージでした。そして、身の引き締まる思いがしました。
認定こども園おひさまの基本理念の一文に『保護者、地域そしてこども園が連携し、どの子もかけがえのない存在としてその子らしさを大切にした豊かな子ども時代を保障する教育及び保育を行います』と掲げています。保育者、保護者の諸先輩方をはじめ今まで幼児教室に関わって下さった方たちの思いを未来につなぎ、子どもたちが主役の子どもたちのための教育及び保育を実践しながら、保護者の方々としっかり手を携えて地域に根差し信頼されるこども園として一歩一歩着実に歩んでまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

理事長 友國 尚子