2011年度第1回学習会 発達障がいって何?

2011年度 第1回学習会(2011年11月25日(金)開催)
講師:船橋市こども発達相談センター
臨床心理士 奥田 志津先生 岡田 愛香先生

 

72名の参加がありました。

前半は「発達障がいについて知ろう」編で、
岡田先生より言葉の説明や障がいをお持ちの方が感じる、
物の見え方、聞こえ方などの実習を交えてお話いただきました。
生きずらさの一端が垣間見えた感じがしました。

後半は「ささえる」編で、
奥田先生から行動の前後を具体的に工夫することで、
障がいをお持ちのお子さんに分かりやすい対応ができる
分かりやすい声かけとはCCQ(穏やかに近づいて、静かに)簡潔に具体的にである。
これは障がいの有無に関わらず、どの子にもいえることだなぁと思いました。
(我が子への声かけは全部逆で、ずいぶん反省しました(汗)

みんなで育ち合うためには、幼児教室でのお母さん方の
普段のコミュニケーションそのものだと実感しました。

内容が濃くてあっという間の1時間半で、質疑応答を含め、
もっと聞きたかったという声が多くの参加者から寄せられました。